リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

テクノロジーが拓く「共生社会」(№376)

 コロナ禍の中、2020東京オリパラが無事開催されました。パラアスリートの想像を超えた素晴らしいパフォーマンスに驚かされました。アスリートの努力はもちろん、競技用車椅子や義足など、先端技術によって性能が向上し、記録やパフォーマンスが急速に向上しています。
 国は、「障害者基本法」で「個人の尊厳が重んぜられ、社会の一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる」と宣言し、目指す社会として、障害の有無にかかわらず、誰もが人格と個性を尊重し支えあう「共生社会」を挙げています。
 共生社会の実現には、社会インフラの整備と、個々の障害によるハンディの軽減が必要です。東京オリパラの開催を機に、バリアフリー化など社会的弱者のための社会インフラの改善はかなり進展したといわれています。
 近年、デジタル技術の発展は目覚ましく、社会活動のあらゆる分野でIoT(モノとインターネット)やAI(人工知能)がなければ何も始まらない状況です。障害者や高齢者のための社会インフラ整備においても必要不可欠です。国の「Society5.0」構想で提唱されている、社会インフラ改善のための具体例が「スマートシティ」構想です。「都市内に張り巡らされたセンサー、カメラ、スマートフォン等を通じて、環境データ、設備稼働データ、行動データなどを収集、統合してAIで分析し、必要に応じて設備、機器などを遠隔操作することで、都市インフラ、施設、運営業務の適正化、企業や生活者の利便性、快適性の向上を目指すもの」です。すでに自治体や企業が取り組んでいます。
 また、テクノロジーは、弱者の目耳手足になり得ます。障害による社会参加への壁を壊そうと、多くの研究開発が行われています。例えば、視覚障碍者が一人で街中を移動できる「スーツケース型ナビゲーションロボット」です。複数のレーザーセンサーが周囲を360度認識し、障害物や歩行者までの距離を測定する。スマホから音声で情報を伝えてくれ、連動して取っ手部分の側面が振動し進行方向を教えてくれます。すでに実証実験が行われています。
 もう一つは「分身ロボット」です。カメラ、マイク、スピーカー等が搭載され、インターネットを介した遠隔操作で、自由な移動動作が可能なだけでなく、ロボットを通じて、身振り手振りを交えて自然なコミュニケーションが可能です。すでに障害者の分身ロボットが接客するカフェが東京日本橋に開店しています。そこからテレワークでの受付業務などで、企業に就職する障害者も出てきています。
 近い将来、本当の「共生社会」が実現できることを期待したいものです。

(だだんだん)

女優たちの足跡(№375)

 「蓋棺事定」、棺を蓋いて事定まる、すなわち、人間の真価は死んでから決まる、というが、最近、私は本邦の二人の女優の足跡を辿る中で、改めてその思いを深くするに至った。
 ひとりは乙羽信子。昭和58年4月から一年間放送されたNHK連続テレビ小説『おしん』で、当時60歳になったばかりの乙羽は、主人公の晩年を見事に演じきり、大きな感動を呼んだ。彼女は13歳で今の宝塚音楽学校に入学、娘役トップにまで成長して看板スターとなり、その名声をひっさげて26歳で映画界に転身。翌年27歳時の『お遊さま』(監督溝口健二)では田中絹代の妹役で宝塚時代を彷彿とさせる可憐な姿をみせている。しかしこの年、運命の人、新藤兼人監督と出会って以降、新藤と公私にわたるコンビを組み、28歳で本邦初の被爆映画である『原爆の子』、30歳で社会の最底辺をのた打ち回る女を演じた『どぶ』、そして36歳で、生きるため瀬戸内海の小島で水桶を山の畑に延々と運び続ける夫婦を演じた無言劇『裸の島』と、映画界にショックを与え続けたが、私が最も胸打たれたのは二人の最後の作品『午後の遺言状』である。71歳、癌と闘病中だった彼女の表情、演技は観客の眼を釘付けにしたが、遺作となった本作で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を得た乙羽の遺骨は、遺言どおり『裸の島』の舞台であった広島県三原市沖の宿禰島に散骨されたという。
 もう一人、最近私の中で大きく評価を上げたのが浅丘ルリ子である。私にとってそれまでの彼女は、化粧の濃い日活ヤンキー映画の女優さん、という程度であったが、最近、彼女が、当時親しかった佐久間良子の『五番町夕霧楼』を観て衝撃を受け、会社に直談判して24歳で出演した『執炎』という作品があるという映画評を見、これを観てみたが、確かにそれまでの印象を覆す出来栄えであった。これを契機に彼女の作品群を漁り始めたのだが、15歳でオーディションを勝ち抜いた処女作『緑はるかに』での美少女ぶりに驚き、『男はつらいよ』シリーズのマドンナ・リリー役でのピッタリ感に唸り、昨夜観た2011年公開の『デンデラ』という、あの姥捨て山伝説での、棄てられた老女達の後日談という奇抜な構想の作品では、主役の老婆を美しく怪演する様を堪能した。その彼女、現在81歳だが、11月28日から日曜夜のNHKBSプレミアムのドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」(全8回)で自分の子供を殺して服役・仮出所した女を演じるという。楽しみである。

(J.F.)

相互尊重を実践するための上司のスキル(№374)

 厚生労働省のハラスメントをなくす「明るい職場応援団」のホームページの内容の一部を要約して紹介します。相互尊重とは、相手の人格も自分の人格も尊重する、ということです。「部下を育てる・後輩を指導する」ときのコミュニケーションスキルに関することです。

スキル1【事実ベースで100%褒めて、一緒に喜ぶ】
 部下が成果を上げたときには、具体的事実で、掛け値なしで褒める。そして、自分も一緒に喜ぶ。

スキル2【事実で叱り、解決策は情報共有】
 事実の大きさで叱る。「納期3日遅れだよ」「1枚のレポートにミスが4つあったよ」と具体的な事実を取り上げて指摘します。
失敗+解決策はオープンにしてチームで共有する。失敗をバラすのではなく、チームの今後のためにその解決策を共有することが目的です。

スキル3【メンツを気にせず部下に謝る】
 気付いたらすぐに、取り繕わずに、短く謝る。小さなことでも、自分のミスに気付いたら「すぐに、取り繕わずに、短く」謝ることが鉄則です。謝るお手本を示す、と考える。

スキル4【権限委譲する】
 途中で口出ししない。部下に「信じて任せてくれている」と感じてもらうことが、その仕事を成功させ、部下に成長してもらう一歩です。

スキル5【逆「ホウレンソウ」する】
 「ホウレンソウ」は社会人の基本。新入社員研修でも必ず教わることです。会議の結果を報告したり、上司がホウレンソウしてくれると部下も仕事がしやすくなります。

 攻撃的過ぎる上司の下で育った部下は、怒られるのが怖くて失敗を隠したり、報告をねつ造してしまうことにつながります。受身的過ぎる上司の下で育った部下は、上司の反応が少ないのでやる気を失ったり、上司をなめてかかります。きちんとしたコミュニケーションをとって育成することは手間ひまかかるようですが、結果、自立した部下育成につながりやすくなります。上司としての自分の目的達成のためにも部下には相互尊重の態度で対応しましょう。

(まつりの夜店)

テレビでラジオ体操(№373)

 年齢を重ねると次第に身体が硬くなり、肩こりや腰痛に悩む毎日です。健康を維持し、少しでも身体の柔軟性が保てるように、Eテレ放送のラジオ体操を数か月前から始めました。
 動きの中には、飛んだり跳ねたりする苦手な運動もありますが、前屈・後屈・ひねり・屈伸等様々な運動があり、腕を大きく振って肩を回すとグリグリと音がして気持ちの良い痛さを感じ、朝の眠った身体を目覚ましてくれます。
 ラジオ体操には、第一と第二(第一と比べるとダイナミック)があり、NHKのEテレで朝6時25分から10分間、「みんなの体操」として指導者が日替わりで柔軟体操の指導の後、軽やかな号令(息を吸って~!はいて~!笑顔で~!)を発して放映されています。

 ♫ 新しい朝が来た  希望の朝だ
   喜びに胸を開け  大空あおげ
   ラジオの声に   健やかな胸を
   この香る風に   開けよ
    それ 一 二 三 ♫

 ラジオ体操の歴史を調べてみました。
・大正12年3月・・・ラジオ放送による健康体操がアメリカの生命保険会社で行われる。これを見聞した先人が、「誰にでも簡単に出来る」、「内でも外でも いかなる場所でも出来る」等体操の開発を提唱しました。
・昭和2年9月・・・NHKが旧ラジオ体操第一を制定し、翌年11月からラジオ放送開始
・昭和26年5月・・・現在のラジオ体操第一を制定、放送開始
・昭和27年6月・・・職場向けとしてラジオ体操第二を制定、放送開始
・平成11年9月・・・みんなの体操を制定

 小学生の頃、校庭での朝礼の後や、夏休みに子供と一緒に近所の公園でラジオ体操をした想い出があります。結構、本気で取り組むと、少し汗ばむくらいの運動になります。出勤前の忙しい時間帯ではありますが、心もリフレッシュされ、病気の予防に繋がると信じ、継続して行うように意識して取組んでいます。
 皆さんも明日から一緒に、♫「それ 一 二 三」♫

(お茶飲み)

ボランティア(№372)

 コロナ禍、猛暑の中、お仕事お疲れさまです。病院の皆様には、ボランティア精神を大いに発揮して、日々お仕事に励まれていることに敬意を表すとともに感謝致します。病める患者様に優しい声掛け、対応にはいつも感心、感動を覚えています。
 良かれとしてしたことが、そうでなかったり、と思うようにならないことも多いと思います。伝えたことが伝わっていなかったりということがあっても、皆様は、素晴らしいコミュニケーション力で乗り超えられているのではと思います。
 今、ボランティア活動の中で、『ヘアドネーション』という活動があります。ヘアドネーション(Hair Donation)とは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動です。髪がないことで外出しなくなったりする子どもたちに勇気を与える取り組みで、女優の柴咲コウさんなどの有名人が賛同して髪を寄付したことで、近年は寄付が急増しているそうです。寄付する髪の毛の長さは、31cm以上となっています。該当するヘヤをお持ちの方、心当たりのある方がおられましたら、脱毛で苦しんでいる子どもたちの笑顔のために、力を貸していただけたら幸いです。
 最後に、先日、日経に載っていた教育関係の方からの格言を、皆様にお贈り致したいと思います。
「凡庸な教師は、ただしゃべる。良い教師は、良く説明する。優れた教師は、自らやって見せる。そして、偉大な教師は心に火をつける。」
 教育でも医療でも、心に響く言葉が一番大切と思います。

(ナズトラビ)

» 続きを読む