ナウ・レッツ・ビギン

Now, let's begin!

仁生会の幹部職員が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

「忖度(そんたく)」で思うこと(№336)

 「忖度」は古くからある言葉で、中国の古典「詩経」や日本でも平安時代の「菅家後集」に見られます。
 本来「忖度」の意味は「他人の気持ちを推し量る」ことで、それによる行動までは含まれません。従って良いも悪いもなく中立的な言葉です。人間社会においては相手の気持ちを推し量るというのは当然のことです。その結果どのような行動をとるかが問題であって、「良い忖度」にも、「悪い忖度」にもなります。
 昨年、「森友・加計」問題で「忖度」が行われたと連日メディアに取り上げられ、ついに流行語大賞にも選ばれました。その結果「忖度」イコール「上役などの意向を推測して、相手に気に入られようと不適切な行いをすること」など、「忖度」はすっかり悪い意味になってしまいました。「悪い忖度」が今流行するのは、社会の許容範囲を逸脱し、デッドラインに達したという赤信号かもしれません。
 一方、最近話題のAI(人工知能)は忖度をしないと言われています。
 先頃、中国のIT企業テンセントのAIキャラクターが共産党を批判して話題になりました。「中国共産党万歳」と検索すると「こんなに腐敗している政治に万歳するの?」と反論したり、「中国の夢」に対して「それはアメリカに移住することだ」と回答したと報道され、これがネットで一気に拡散したため、テンセントはサービスを停止。その後、システムに調整が加えられ、同じ質問をしても「話題を変えよう」などと、はぐらかすようになったそうです。テンセントが中国共産党に「忖度」して、AIに「忖度」?をさせるようにしたことになります。
 最近のAIは深層学習(ディ-プラーニング)の機能の進化が著しく、囲碁AIが人間の世界チャンピオンを負かすまでになりました。つまりビッグデータをもとに指示がなくても自己学習して、多方面で人間以上の能力を発揮できるようになる可能性があります。今はAI自ら「忖度」はできなくても、将来人間らしさを学習した、人間の常識や、感情、倫理観を備えたAIが出てくるとなると、その時は、AIは人間と同じように自ら「忖度」したり、「故意の嘘」をつくようになるかもしれません。人間がAIに忖度する時代が来るかもしれません。
 我々はいつの時代でも、「良い忖度」をするよう心掛けたいものです。

(だだんだん)

ペットとの別離(№335)

 最近、17年間を一緒に過ごした室内犬を看取った。生前、「何故、我が家の犬はこんなに可愛いのだろうか?」といつも不思議に思っていた。しかし、人類が誕生してからずっと、犬は人類のそばにいた歴史を見ても、犬ほど忠実で忠誠心の強い賢明な動物はいないことを考えると当然だろうか? いつも黙ってそばに座り、主人に異変があると即、対応し、くつろいでいることがわかると体を摺り寄せてきて体温の温かみを伝え、本当にほのぼのとした気持ちになった。彼は10歳頃から完璧に「人語」と「犬語」で会話をするようになっており、年を取るごとに眼は白内障になったり、歯が抜けたりしても、寡黙で我々に極めて忠実な「執事」の立場を保持していた。室内飼育であったから余計に一体感があり、ベッドに入る時も起床する時も一緒であることは、全く家族と同じであり、彼自身は私共の子供や孫と同格と考えているとしか思えない行動を見た。そして出勤時の見送り、そして帰宅時の出迎え、風呂、トイレでは何故かじっとドアの外で待っており、出ると代わりに入り、鼻をかいだり、風呂の水を飲むなど全く信じられない毎日の光景であった。隣近所の人はいつも彼に向かって、『お前はここにもらわれて本当に幸せだね』と言われていた。
 このような「執事」がこの世からいなくなったことは、寿命とはいえ、その別離は特別にこたえた。我々人間は、愛するものを失う辛さや別離の悲しみを知ることによって、人が忘れてはいけない他人に対する愛情や家族の温かみを思い知らされる。また、この度の大雨災害によって多くの人々が被災されたが、忠犬たちはどうしているのだろうかとつくづく思う。さらに将来、少子高齢化の家族が少なくなっていく中で、家族同様の「執事」の存在は、死ぬまで最高の伴侶となりうる気持ちを掻き立てられた。我が家族は、可愛い犬から受けたこの上ない愛が余りにも大きかったとつくづく想い出し、いつまでも忘れることはない。

(チュウ)

電車に乗りませんか(№334)


 ふる里高知には「とでん」の愛称で親しまれている誇り高き路面電車があります。6月1日から上町2丁目の電停の看板が「上町2丁目 社会医療法人 仁生会 細木病院前」となったとのことで、早速、上町2丁目まで乗ってみました。車内アナウンスでも同様のコールがあり、勤務先がコールされるのは気持ちが良いものでした。一度乗ってみてはいかがでしょうか。それでは、「とでん」についての豆知識について以下をご覧下さい。

1.開業は、1904年(明治37年)、110余りの日本一の歴史がある。
2.車両数は、ノルウェーやポルトガル等の外国電車、低床車両2編成、アンパンマンの車両(アンパンマンがピースしている車両やバイキンマンが大きく描かれている車両)、日高村や航空会社等の企業広告が描かれている車両等約60両超で運行している。中でもお客電車があり、団体で予約すればビールが飲める!職場の懇親会にいかがでしょう!
3.営業距離は、25.3㎞で軌道線では日本一である。停留所は77か所あり、中でも清和学園前~一条橋間の電停間の距離は63メートルと最も短い。
4.運賃は、基本区間大人200円、最大460円(はりまや橋 ⇔ いの、はりまや橋 ⇔ ごめん、いの ⇔ ごめんも460円)、65歳以上の方には「お出かけ応援定期」があり、3ヶ月18千円 6ヶ月33千円とお得な定期がある。
5.はりまや橋は桟橋線、ごめん線、いの線の交差する所で、孫と一緒に街へ出かけた時は「浜幸」付近で行き交う電車を見ると、6両位の電車を同時に見ることが出来る。中でも左折している車両に遭遇した時はラッキーです! 結構、取り鉄の方がいます。

 以上、「とでん」の紹介でしたが、ご存知でしたか? 結構本数もあり、冷暖房完備の車両も多く、私は快適・便利に感じ、乗っている間読書も出来るので通勤に利用しています。終電は10時過ぎで、ちょっと一杯にも十分な時間です。電車のレールを見ると、このレールが様々な場所と人を繋いでいる安心感があります。バスも含めて「とさ電交通」には県民の足として是非頑張って欲しいと願っています。休日には電車に乗って出かけましょう! たまに電車を利用すると、また違った景色が見えると思います。

(お茶のみ)

心が折れそうな時に…メンタルを強化する思考習慣(№333)

 毎日の仕事や日常生活の中で、しばしば解決が困難な問題に遭遇することがあります。大きな問題を乗り越えることは非常に辛く、時として心が折れてしまいそうになることもあると思います。
 そんなときのために有効になってくるのが、「逆境を乗り越える」人の思考パターンを知り、自分の中に取り入れることです。
簡単には心が折れず、逆境に立ち向かうことができる強い心の持ち主は、どんな思考習慣を持っているのでしょうか。

【1】等身大の自分を受け入れている
長所も短所も含めて「等身大の自分」を受け入れることで、適切な自信を持っている。
【2】相手を変えず、自分の「見方」を変える
人間関係において相手を変えようとするのではなく、自分の見方を変えることで感情のわだかまりを解消できる。
【3】徹底的に具体化する
不安や恐怖に直面したときに、曖昧さを排除し、具体化することで解決策を考えることができる。
【4】さまざまな視点から眺める
自分の立場から離れ、多くの違った視点(過去・未来・相手・第三者)から考えることで、常に冷静さを保つことができる。
【5】できることに集中する
自分の力では変えられないことではなく、自分ができることに焦点を絞り、行動することができる。
【6】運命を引き受ける
置かれた環境や辛い状況など、自分では変えられないことを受け入れることができる。
【7】完璧主義をやめる
0点か100点か、という極端な思考から抜け出し、複数の基準を設定することで柔軟に考えることができる。
【8】プラスの側面を見る
過去の出来事、未来への挑戦に意味や感謝を見出すことでモチベーションを高めることができる。
【9】「今」に集中する
過去の後悔や未来の不安をいったん脇に置いて、今、この一瞬に集中することができる。

 これらの思考習慣を意識することで、逆境に負けないメンタルが手に入るはずです。ぜひ、ご自身の日常の捉え方に当てはめてみてください。

(まつりの夜店)

百歳まで、元気で生きて、故郷高知に活力を(№332)

 昨年、安倍総理が「人生100年時代構想会議」を設置し、リカレント教育(社会人の学び直し)や、新卒の一括にならない採用の多元化、高齢者雇用の促進などが議論されている。この元になる本が、2年前に英国の女性、リンダ・グラットンの書いた「ライフ・シフト」である。以後、いろいろの書物が出てきている。実際、50年前の日本人の100歳以上の高齢者は258名であるのに、一昨年は67,000名以上になっている。しかもこの増加のグラフは、横にはなってきていない。ということは、このままいけば、2007年に日本で生まれた子どもが107歳まで生きる確率は50%を超すらしい。末恐ろしい結果だ。フレイル予防しなければ、最終的に、皆寝たきりになる可能性が高い。
 我が高知県は、昭和26年ころには21,000人程の赤ちゃんが生まれていたのに、一昨年はその4分の1にも満たない4,986名だといわれている。高知県の人口減少は、当然死亡者数が出生数を完全に上回るだけでなく、今から社会に出て働こうとする若者たちの県外への就職数が多くて、尾崎知事の必死の政策にも関わらず、人口はどんどん減少する傾向にある。こんな状態の高知県では、起死回生の妙手など、そう簡単には見つからないだろう。
 今こそ、皆で頭脳と力を合わせて、どうすれば良いかを考えることが必要である。県外、国外から、気候も、食べ物も、住んでいる人々の性格も良い、我が愛する高知へ住みついてもらいたいし、若者、特に子連れの若者に住みついてもらいたい。子どもの教育費や医療費を高校卒業まで無料にしたり、徹底的に援助し補助する。高知の良いところを、テレビやマスコミに訴えてみる。などなど・・・考え始めると、夜も眠れないなあ。

(アラジンのランプ)

» 続きを読む